ゼクノリンを服用したらダメな人とは

ゼクノリンは程度の差はあれ万人に効果を発揮する精力剤ですが、以下のような人たちは服用を控えた方が良いです。

  • 10代前半の人
  • ペニスサイズが18センチ以上/ピストン運動の時間が25分以上の人
  • ペニス増大手術を受けてから1ヶ月以内の人

以上のことに該当する人はゼクノリンを服用してはいけません。

10代前半の人

ゼクノリンは60代や70代の人でも効果を実感することができる反面、その効果の高さから10代前半の人が服用することには適していません。

ゼクノリンの基本的なはたらきは男性ホルモンの分泌を活発化させることでペニスを増大したり、勃起力を向上させたりすることです。
そして、10代前半の若々しい肉体というのは絶妙なホルモンバランスによって形成されており、そこに外部から男性ホルモンを加える(=ゼクノリンを服用する)とホルモンバランスが崩れてしまいます。

成長期段階でホルモンバランスが崩れるとペニスの増大に歯止めが効かなくなってしまいます。

度が過ぎたサイズのペニスは日常生活に支障をきたしますし、女性からの印象も良くありません。

なので、成長期が終わらないうちはゼクノリンの服用を控える必要があります。

ペニスサイズが18センチ以上/ピストン運動の時間が25分以上の人

このことに該当する人も上記で述べたことと同じ理由でゼクノリンの服用を控える必要があります。

ペニスサイズが18センチ以上の人(=いわゆる巨根と呼ばれる人)やピストン運動の時間が25分以上の人(=いわゆる絶倫と呼ばれる人)は、それ以外の人に比べて元々男性ホルモンの分泌量が多いです。

そこにゼクノリンを服用して男性ホルモンを摂取してしまうと、日常生活に支障をきたしてしまいます。

ペニス増大手術を受けてから1ヶ月以内の人

長茎術や長径術、亀頭増大術などのペニス増大手術を受けた人もゼクノリンの服用をしばらく控える必要があります。

手術傷の治りが遅いときにゼクノリンを摂取した時、万が一ペニスの成長速度が手術傷の完治よりも早いと縫合が割けたりするなどの大きなダメージが発生する可能性があります。

なので、手術結果に満足がいかなくとも1ヶ月(=ペニス増大手術後、再びマスターベーションや性交が解禁されるまでの時間)はゼクノリンは服用してはいけません。

ゼクノリンを服用したらダメな人とは関連ページ

ゼクノリンが人気になった訳
ゼクノリンが人気になった訳について説明しています。
ゼクノリンの効果に個人差はある
ゼクノリンの効果に個人差はあるのかどうかについて説明しています。
ゼクノリンの対象年齢
ゼクノリンの対象年齢について説明しています。
ゼクノリンに副作用はあるのか
ゼクノリンの副作用について紹介しています。
ゼクノリンの服用をやめた場合
ゼクノリンの服用をやめた場合どうなるのか?について説明しています。
精力剤と女性の本音
精力剤と女性の本音について紹介しています。
ゼクノリンの効果的な飲み方
ゼクノリンの効果的な飲み方と間違った飲み方について説明しています。