ゼクノリンの効果に個人差はある

約6500人の被験者を相手に治験をして、誰にでも均一した効果が出るようにして作られたゼクノリンですが、残念ながらその効果には個人差があります。

公式サイトでのゼクノリンの触れ込みは「40日間でペニスサイズが+5センチ」です。

臨床実験結果の画像

しかし、これはゼクノリンの効果の現出が早い人の数値であり、実際そこまで急激に成長する人は限られています。

そして、効果が出るのが早い人もいれば、効果が出るのが遅い人もいます。

ゼクノリンの値段はペニス増大手術の手術費用と比べるとかなり安いですが、長期的な服用が必要になってくると手術費用よりお金がかかってしまう可能性が大きくなってくるため本末転倒に陥ってしまいます。

一体、どういう人がゼクノリンの効果が効きづらいのでしょうか。

ゼクノリンはペニス増大を改善するサプリ

結論から言うと多くの人への投薬結果により、ゼクノリンはペニスサイズが小さい人――つまり、今まで男性ホルモンがあまり分泌されていなかった人ほど効果を発揮することが分かっています。

今まで運動をしてこなかった人ほど筋肉トレーニングの効果が出やすいように、男性ホルモンであるテストステロンの分泌も、男性ホルモンが不足気味な人の方が肉体に与える刺激が大きくなるため、効果の現出が早いのです。

反対にゼクノリンを服用する前から男性ホルモンが十分に分泌されているような人(=ペニスサイズが大きい人)は効果の現出に時間がかかります。

このようにゼクノリンの効果には個人差があります。

しかし、ゼクノリンを服用しても効果が全くないという人はまずいません。

なぜなら、ゼクノリンは神経系に作用する成分を含んでおり、その成分がペニス増大を促すからです。

神経系を刺激されて反応を示さない人はいません。

たとえるのなら麻酔と同じです。

麻酔の効きが強い人と弱い人はいますが、麻酔がまったく効かない人というのは存在しません。

もちろん、これは事故や先天的な疾患によって神経系が傷ついている場合を除きます。

つまり、ゼクノリンの効果は人によって変わるものの効果がないということは一切ありませんので購入して損をすることが一切ありません。

そして、ペニスサイズに悩む人や男性ホルモンの分泌量に悩む人という精力剤を強く求めている人にほど、ゼクノリンは強い効き目を発揮するのです。

ゼクノリンの効果に個人差はある関連ページ

ゼクノリンが人気になった訳
ゼクノリンが人気になった訳について説明しています。
ゼクノリンの対象年齢
ゼクノリンの対象年齢について説明しています。
ゼクノリンに副作用はあるのか
ゼクノリンの副作用について紹介しています。
ゼクノリンの服用をやめた場合
ゼクノリンの服用をやめた場合どうなるのか?について説明しています。
ゼクノリンを服用したらダメな人とは
ゼクノリンを服用したらダメな人について説明しています。
精力剤と女性の本音
精力剤と女性の本音について紹介しています。
ゼクノリンの効果的な飲み方
ゼクノリンの効果的な飲み方と間違った飲み方について説明しています。